マタニティライフ

お産難民?!〜はじめての妊娠〜

あろはー!

田舎育ち・東京ママの子育てブログ

こちゃまママです

今日は、

「お産難民?!〜はじめての妊娠〜」

を、書いていきます

お産難民?!〜はじめての妊娠〜

妊娠検査薬で妊娠が発覚し

最初に行ったのは

近所のレディースクリニック

そちらでは、妊婦健診は34週までできるが

分娩ができないことを知り

右も左もわかないまま

産院探しのはじまりはじまりでした

 

 

なんせ、地元は田舎なだけに、

産院なんて2つから選ぶだけだし

こんな広い東京で

どうやって!?

何を基準に!?

決めたらいいんだ〜〜〜〜〜?!

お友達も里帰り出産が多い中、

わたしの情報は皆無でした

 

 

そんな時も頼りになるグーグル先生ー

(ほんと今の時代に生まれよかった〜)

 

検索ワードは「東京・産院」

トップに出てきたのは、こちら♩

都内の産める産院検索サイト「東京出産.net」|Home

null

産院を決めるに当たって

わたしが基準にしたことは

  • 職場と家からの距離
  • 出産費用
  • メリット
  • デメリット
  • 普通分娩

をあげることからはじまりました

こちらのサイトで、地域を絞ると

<※参考画像は世田谷区の場合>

こちゃママブログ-お産難民!?

こんな感じで、リストになっています!

(この一覧表、本当に助かる・・・!!)

 

気になる産院のHPをみては情報収集をし、

ある程度絞れたところで

このようにエクセルで整理しました!

※2018年4月ごろに調べたものです ※メリット・デメリットはこちゃママの独断意見ですのでご了承ください

(旦那さんにもとても説明しやすいのでエクセル化はおすすめです)

(誰かの参考になったら嬉しいなぁ)

 

友達に

東京で出産すると言うと、

「いいな〜、ホテルみたいなんでしょ?!」

と、よく言われますが・・・笑

insta等でよく見る

あの豪華でホテルのようなお食事の産院は

それはそれは

それなりにお高いですよ〜笑

特に東京は!!!!笑

 

 

費用を抑えたかった我が家は、

豪華お食事は我慢・・・!笑

通院しているレディースクリニックの先生と相談し

最終決定しました

 

そして、いざ、

分娩予約を入れようと

その産院をさらに検索したところ

わたしの目に入ってきたワードは

 

「お産難民」

出産費用が安価なところはすぐに埋まり

結局高いところも行けずに

お産難民になる

 

もうね、目ん玉とびでそうでしたよ笑

「そんなことが世の中に起きちゃっていいのかい?!」

「東京はそんなに冷たい街かい?!」

と、心の中でブツブツいいながらコールを鳴らし

ドキドキしながら週数を伝え

なんとか無事に予約ができ

ホッとしたところ

電話の方がいい人だったので、

それとなく

「お産難民」

について、やんわり聞いてみると

「あぁーそれは、数年前にこちらの体制の関係で受け入れ人数を減らしましてね

その時期に、そんなこと書かれたんじゃないかな笑」

とのお返事でした笑

(さっきのドキドキ返して〜笑)

 

まぁ、希望の産院で無事に予約できてよかったよかった

「お産難民」にならずにすみました

 

しかし、もし本当にお産難民状態の方がいたら

それは本当に酷なこと・・・!

自分だけよかったー。なんて思えない!

 

 

でも、でも

そうならない為にも

そんなことが起こらない為にも

とても大事な産院選びは

自分のためにも

赤ちゃんのためにも

病院のためにも

早めに動いておくことが

大事大事だなと思いました

この時期にこちゃママが愛用した商品

 

それでは今日はこのへんで

最後まで読んでくれてありがとうございました

今日も素敵な一日を・・・♩

こちゃママ

 

★ブログランキングに参加中★
こちゃママいいね!頑張れ!と思っていただける方は
バナーをクリックいただけると幸せです!

にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村

育児ランキング